野生動物管理業務 実習・研修生受入事業

トップページ > 問い合わせ

 野生動物管理業務 実習・研修生受入事業

当センターでは、国内外から野生動物の管理業務に関する実習・研修生の受入事業を開始します。
この受入事業では、標津町で実施している野生動物管理業務を通して
生態調査、行動調査、動物管理、環境学等
今後、国内で増えてくると思われる人材の育成を目的として実施します。

受 入 内 容
◇卒論テーマの為の研修
◇ヒグマ捕獲技術習得の為の研修
◇学術研究の為の研修
研 修 期 間
◇短期(3日間程度)から長期(3ヶ月程度)までの期間

(大学生、大学院生が研修を希望する場合、費用の中での標津町滞在費用は、当センターが助成します)

 
ヒグマへの麻酔調合作業


 
ADPS・プロジェクト

 
北方4島からのビザ無し訪問・専門家委員会へのヒグマ捕獲現地実習


募集に関する問合せ

※この事業は、学生の受入を主として実施しますが、自治体や関係する諸団体よりも実習受入をします。
     

ページトップへ

design by. (C) WebDaisuki.com